食用油の劣化・酸価値などを測定

沖縄・北海道及び離島などは別途送料加算が必要です。


AV-CHECK 加熱油脂劣化度判定試験紙100枚入り J-オイルミルズ

約30秒で油の劣化を測定する最も一般的な方法です。

熱い油よりは少し冷ました方が測定値が安定しますので、使用中のフライヤー油を測定する際は、スプーンなどで掬い上げた油を少し冷まし、測定して下さい。

空気中の油煙等にも反応するので、使用後はしっかりと蓋をしめて厨房の高温多湿な場所を避け、冷暗所で保管してください。

本商品は使用期限のある商品となります。

¥4,280

  • 在庫あり
  • お届け日数:3~5日

アタゴ 酸化計 DOM-24

ヨーロッパを中心に、食用油の劣化度の指標としては極性化合物量(TPM)%が用いられています。
極性化合物量とは、油脂(トリアシルグリセロール)を主体とする非極性化合物を除く分解物・重合物などの酸化物質量を算出した値です。
それとは別に食用油の変質を表す指標に酸価(AV)があります。 油の中に含まれる遊離脂肪酸の量に比例した値で主に日本やアメリカなどで用いられています。
地域・サンプルによって求められる値は異なります。 
DOM-24ではプリセットAVスケールを搭載。
購入後すぐ測りたい場合でもTPMとAV、両方の値で測定できます。

型式 DOM-24
Cat.No. 9341
測定範囲 極性化合物量(TPM) :0.5~40.0%
酸価(AV) :0.0~9.9 
温度(℃) :測定範囲 +0~+225℃ 
温度(°F):測定範囲 +32~+437°F
分解能 極性化合物量(TPM):0.5%
温度 :1℃/1°F
測定精度 極性化合物量(TPM%) :±2.0%
酸価(AV) :繰り返し精度±0.2程度、再現性±0.2程度 
(ユーザーの目盛設定値によって異なる場合がある) 
温度 :±1℃ ±2°F 
(精度保証は +20~200℃/+68~392°F)
温度補正範囲 自動温度補正 基準温度 70℃ 
+0~+225℃ (精度保証は +20~200℃) 
+32~+437°F(精度保証は +68~392°F)
電源 単4アルカリ乾電池×2本
防水保護等級 IP67
寸法・重量 直径22mm、長さ490mm、400g(本体のみ)

(メーカーHPより引用)

¥80,000

  • 1 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:6日以上